皮膚型リンパ腫

  • 皮膚型リンパ腫

背部の皮膚病の治りが悪く、皮膚パンチ生検を行った。

  • 皮膚型リンパ腫

組織診断では皮膚型リンパ腫と診断され、抗癌剤療法を実施している。

種別 マルチーズ
年齢 12歳
性別
その他コメント

当初は犬でよく遭遇する膿皮症かと思いましが、治療反応が悪いため組織検査を行ったところ、診断に至りました。皮膚型リンパ腫は有効な治療法が確立されていないため、治療しないという選択肢もありますが、この子は飲み薬の抗癌剤にて長期的にコントロールを行っています。

トップに戻る

各医院へのお問い合わせ

TEL:048-261-0102わらび院048-261-0102

TEL:048-286-0102鳩ヶ谷院048-286-0102

TEL:048-259-0102川口院048-259-0102

TEL:03-3905-0102赤羽院03-3905-0102

TEL:048-875-0102東浦和院048-875-0102

TEL:048-253-0800どうぶつ予防健診
クリニック
048-253-0800

TEL:090-4839-0800どうぶつ眼科クリニック090-4839-0800