不正咬合(ベースナロー)に...

犬(トイプードル) 去勢雄 生後7ヶ月

この子は成長期の不正咬合により下顎の犬歯が上顎に刺さり穴が空いてしまった状態(ベースナロー)で来院されました。飼い主様と相談の上、去勢手術時と同時に歯科矯正を実施。2ヶ月後には歯は正常な位置へ移動し綺麗な噛み合わせとなりました。

不正咬合(ベースナロー)とは

  • 不正咬合(ベースナロー)に対する歯科矯正
  • 不正咬合(ベースナロー)に対する歯科矯正

成長期の犬に起きる噛み合わせの異常(不正咬合)の1つ「ベースナロー」とは、下顎の犬歯が舌側に位置することで上顎に刺さってしまう病態です。

原因としては下顎の乳歯が抜け落ちるのが遅かった、または抜け落ちない(乳歯遺残)ために、下顎の犬歯が正常な位置に行けなかったことが原因です。

下顎の犬歯が上顎に刺さってしまうと、上顎に穴が空いて鼻の穴まで貫通してしまうことがあります。そのため成犬だと抜くか(抜歯)、途中で短く切るか(断歯)が必要になりますが、子犬は成長段階で歯が正常な位置に移動できるように歯科矯正を行うことで、治せる場合もあります。

歯科矯正では下顎犬歯を外側に亜脱臼させ、内側に自分の乳歯を埋め込んで矯正します。特殊な機器を使用しないため、上手く治った場合は何度も麻酔をかける必要はありません。

 

 

  • 不正咬合(ベースナロー)に対する歯科矯正
  • 不正咬合(ベースナロー)に対する歯科矯正

この子も生後7ヶ月で去勢手術と一緒に歯科矯正を行い、術後2ヶ月後には正常な噛み合わせとなったため、安心して生活することができるようになりました。

トップに戻る

各医院へのお問い合わせ

TEL. 048-261-0102わらび院048-261-0102

TEL. 048-286-0102鳩ヶ谷院048-286-0102

TEL. 048-259-0102川口院048-259-0102

TEL. 03-3905-0102赤羽院03-3905-0102

TEL. 048-875-0102東浦和院048-875-0102

TEL. 048-253-0800どうぶつ予防健診
クリニック
048-253-0800

TEL. 090-4839-0800どうぶつ眼科クリニック090-4839-0800