猫の皮膚肥満細胞腫

1ヶ月程前より右肩の皮膚に小さなできものが認められており、

1週間前からその部位をしきりに舐めて赤くただれてしまったとのことで来院されました。

  • 猫の皮膚肥満細胞腫

かさぶた部分を剥がして、スタンプ標本を作成し顕微鏡で観察したところ、特徴的な肥満細胞が多数認められました。

猫の皮膚にできる肥満細胞腫と診断し、外科的切除をご提案いたしました。

  • 猫の皮膚肥満細胞腫
  • 猫の皮膚肥満細胞腫

手術により腫瘍を切除、翌日には体調が回復したため帰宅されました。

種別 mix
年齢 14歳(推定)
性別 避妊メス
その他コメント

猫の皮膚に出来る肥満細胞腫は外科的に切除することが治療の第一選択であり、

切除すると良好な経過を辿ることが多いとされています。

肥満細胞の顆粒から放出される物質により、この子のような痒みや、他にも嘔吐などを引き起こすこともあります。

皮膚に多発する場合や、脾臓や消化管で病変を作っている場合もあるので、切除を行う前には全身のチェックが必要です。

トップに戻る

各医院へのお問い合わせ

TEL. 048-261-0102わらび院048-261-0102

TEL. 048-286-0102鳩ヶ谷院048-286-0102

TEL. 048-259-0102川口院048-259-0102

TEL. 03-3905-0102赤羽院03-3905-0102

TEL. 048-875-0102東浦和院048-875-0102

TEL. 048-253-0800どうぶつ予防健診
クリニック
048-253-0800

TEL. 090-4839-0800どうぶつ眼科クリニック090-4839-0800