診療事例紹介:皮膚型リンパ腫

診療事例紹介:皮膚型リンパ腫

川口市密着で動物診療を行っているピジョン動物愛護病院の診療事例です。

背部の皮膚病の治りが悪く、皮膚パンチ生検を行った。

組織診断では皮膚型リンパ腫と診断され、抗癌剤療法を実施している。

種別 マルチーズ
年齢 12才
性別
その他コメント 当初は犬でよく遭遇する膿皮症かと思いましが、治療反応が悪いため組織検査を行ったところ、診断に至りました。皮膚型リンパ腫は有効な治療法が確立されていないため、治療しないという選択肢もありますが、この子は飲み薬の抗癌剤にて長期的にコントロールを行っています。

一覧に戻る

SITE MAP