猫の外傷性横隔膜ヘルニア

雑種猫 年齢不詳(保護猫) 去勢オス

保護猫を自宅に迎え入れた際に、呼吸が荒いことに気づいたため当院を受診されました。レントゲン検査により、お腹の臓器が横隔膜(おうかくまく)をこえて心臓付近にまで脱出していることが判明しました。

 

横隔膜ヘルニア

  • 猫の外傷性横隔膜ヘルニア

呼吸の状態が悪かったため、お腹の臓器を整復して破れた横隔膜を再建する手術を実施しました。

手術後は呼吸の状態も良くなり、お腹の臓器も正常な位置に整復されたので、現在までとても元気に過ごされています。

  • 猫の外傷性横隔膜ヘルニア

横隔膜ヘルニアは、横隔膜(おうかくまく)という胸とお腹を分けている膜に穴があいてしまうことで、本来お腹にある臓器が胸の中に入り込んでしまう病気です。

今回保護された猫ちゃんは、過去に交通事故に遭い横隔膜に穴があいてしまう外傷性であると推察されました。横隔膜ヘルニアを放置しておくと呼吸困難や胸に入りこんだ臓器が壊死(えし)を起こして急に具合が悪くなることもありますので、なるべく早期に手術で治すことをおすすめします。

トップに戻る

各医院へのお問い合わせ

TEL. 048-261-0102わらび院048-261-0102

TEL. 048-286-0102鳩ヶ谷院048-286-0102

TEL. 048-259-0102川口院048-259-0102

TEL. 03-3905-0102赤羽院03-3905-0102

TEL. 048-875-0102東浦和院048-875-0102

TEL. 048-253-0800どうぶつ予防健診
クリニック
048-253-0800

TEL. 090-4839-0800どうぶつ眼科クリニック090-4839-0800