歯蓋

犬(ビションフリーゼ) オス 生後7ヶ月

去勢手術の相談で来院された際に、歯茎が盛り上がって歯が埋まっている状態が見られました。飼い主様と相談の上、去勢手術の時に一緒に「歯蓋切除」を実施しました。その後は歯が正常に萌出し、正しい噛み合わせとなってくれました。

 

歯蓋とは

  • 歯蓋
  • 歯蓋

歯蓋とは、正常に生えつつある歯の上に、歯肉が過剰に覆い被さってしまっている状態です。覆っている歯肉のせいでそれ以上歯が生えることができず、そのまま放っておくと将来歯の嚢胞や腫瘍になりやすくなってしまいます。

そのため、できるかぎり成長期に過剰な歯肉を切除し、正常な歯の萌出を促してあげなくては行けません。 歯の処置時には歯茎の下に歯が埋もれているのではなく、歯が無い(欠歯)のこともあるため、歯科レントゲンでの確認が必要になります。

  • 歯蓋
  • 歯蓋

上は術後1ヶ月後の写真です。上顎の第4前臼歯が綺麗に生えてきてくれています。他の部位も全てしっかり歯科処置を行ったため、正常な噛み合わせができるようになりました。

トップに戻る

各医院へのお問い合わせ

TEL. 048-261-0102わらび院048-261-0102

TEL. 048-286-0102鳩ヶ谷院048-286-0102

TEL. 048-259-0102川口院048-259-0102

TEL. 03-3905-0102赤羽院03-3905-0102

TEL. 048-875-0102東浦和院048-875-0102

TEL. 048-253-0800どうぶつ予防健診
クリニック
048-253-0800

TEL. 090-4839-0800どうぶつ眼科クリニック090-4839-0800