犬の胆石症

こちらの症例は食欲廃絶、活動性の低下、黄疸に気づき来院されました。

血液検査を実施したところ黄疸の指標となるビリルビン(Bil)が検査機器の測定限界以上を示しました。レントゲン検査では胸腔やや後方の胆嚢領域に胆石を確認し、超音波検査の所見とあわせて胆石による胆管閉塞と診断しました。

  • 犬の胆石症
  • 犬の胆石症
  • 犬の胆石症

強い痛みや吐き気を伴う疾患でありますが、諸事情により外科治療ができない場合、鎮痛・制吐・点滴で閉塞が解除されるのを待つ内科治療が選択されます。本症例も内科治療により胆管の閉塞が解除され黄疸が解消しました。食欲も戻っていることから通院治療に切り替えて経過観察しています。

種別 チワワ
年齢 14歳
性別 避妊メス
その他コメント

遺伝的な素因や胆嚢内部の感染、食事の成分により胆石が形成されると考えられています。

トップに戻る

各医院へのお問い合わせ

TEL. 048-261-0102わらび院048-261-0102

TEL. 048-286-0102鳩ヶ谷院048-286-0102

TEL. 048-259-0102川口院048-259-0102

TEL. 03-3905-0102赤羽院03-3905-0102

TEL. 048-875-0102東浦和院048-875-0102

TEL. 048-253-0800どうぶつ予防健診
クリニック
048-253-0800

TEL. 090-4839-0800どうぶつ眼科クリニック090-4839-0800