膀胱部分切除(2016)

現病歴

  • 現病歴

当院でのトリミング時に血尿を確認。超音波検査を行った所、膀胱内に腫瘤が複数認められた。

経過

  • 経過
  • 経過

尿沈渣での細胞検査において、移行上皮癌が疑われたため、膀胱部分切除手術を行った。病理組織学的診断は膀胱移行上皮癌であった。

種別 犬(シェルティ)
年齢 13歳
性別 未去勢オス
その他コメント

本症例は膀胱の約80%近くを切除しましたが、術後3日後からは蓄尿が可能になり、自力排尿もできるようになりました。術後は抗癌剤治療も行い、9ヶ月以上元気に日常生活を送ることができました。

トップに戻る

TEL:048-261-0102わらび院

TEL:048-286-0102鳩ヶ谷院

TEL:048-259-0102川口院

TEL:03-3905-0102赤羽院

TEL:048-253-0800予防検査
センター