皮膚科・アレルギー

Dermatology

アレルギー性皮膚炎、膿皮症、外耳炎、
ノミ・ダニなどによる感染症など、犬や猫の病気のなかでもよく見られる皮膚疾患について数多くの治療実績を誇る「ピジョン動物愛護病院」。

当院では、適切な検査や治療方法を提供することはもちろん、日常的なスキンケアの指導も行っています。

こんなお悩みありませんか

主な症状 考えられる疾患
主な症状 考えられる疾患
皮膚が痒い 膿皮症、マラセチア性皮膚炎、疥癬症、
皮膚糸状菌症、ニキビダニ症、腫瘍、
食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、
ノミアレルギー性皮膚炎、
免疫性皮膚疾患
皮膚が赤い 膿皮症、マラセチア性皮膚炎、疥癬症、
皮膚糸状菌症、ニキビダニ症、腫瘍、
脂漏症、ノミアレルギー性皮膚炎、
食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、
免疫性皮膚疾患
発疹がある 膿皮症、マラセチア性皮膚炎、疥癬症、
皮膚糸状菌症、ニキビダニ症、腫瘍、
食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、
ノミアレルギー性皮膚炎、
免疫性皮膚疾患
耳が臭い 細菌性外耳炎、マラセチア性外耳炎、
耳道内異物、耳ダニ症、耳道腫瘍、
食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、
中耳炎
頭をふる 細菌性外耳炎、マラセチア性外耳炎、
耳道内異物、耳ダニ症、耳道腫瘍、
食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、
中耳炎
フケが多い 膿皮症、マラセチア性皮膚炎、脂腺炎、
皮膚糸状菌症、疥癬症、ニキビダニ症、
脂漏症、ノミアレルギー性皮膚炎、
食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、
腫瘍、
甲状腺機能低下症
しこりがある 皮膚糸状菌症、マラセチア性皮膚炎、
ノミアレルギー性皮膚炎、膿皮症、
食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、
免疫性皮膚疾患、ニキビダニ症、腫瘍
毛が抜ける 甲状腺機能低下症、アトピー性皮膚炎、
副腎皮質機能亢進症、アロペシアX、
性ホルモン関連性皮膚疾患、脂腺炎、
膿皮症、ノミアレルギー性皮膚炎、
マラセチア性皮膚炎、皮膚糸状菌症、
ニキビダニ症、脂漏症、脂腺炎、腫瘍、
食物アレルギー
皮膚病が治らない 膿皮症、マラセチア性皮膚炎、疥癬症、
皮膚糸状菌症、ニキビダニ症、脂腺炎、
脂漏症、ノミアレルギー性皮膚炎、
食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、
免疫性皮膚疾患、腫瘍、アロペシアX、
性ホルモン関連性皮膚疾患、
甲状腺機能低下症、副腎皮質機能亢進症

診療内容

診療科目
  • 皮膚科
  • アレルギー科
治療例
トイ・プードル 7歳
診断名 皮膚型リンパ腫
主訴(状態)

【飼い主さんからの主訴】
発疹が治らない。左目が腫れてきた

【症状】
数年前から肉球、腹部、背部に発疹・痂皮ができ、2ヶ月前より左側眼瞼が腫大した。重度の痒みと疼痛があり、活動性も低下。

【検査内容】
スタンプ検査にて異型リンパ球の細胞を多数確認。全身麻酔下にて皮膚パンチ生検を実施。病理検査の結果より皮膚型リンパ腫と診断。

  • 主訴(状態)
  • 主訴(状態)
  • 主訴(状態)
担当医からのコメント 皮膚型リンパ腫は予後が悪い腫瘍の一つであり、無治療では生存期間が3ヶ月と言われています。症状として強い掻痒や疼痛を伴うことがあるため、QOLを保つために適切な治療が必要です。

当院では飼い主様とご相談の上、疾患に合った有効な治療を行っています。
本症例では抗がん剤の一種であるL-アスパラギナーゼの定期的な投与により良好な経過が得られています。

ジャックラッセルテリア 10歳
診断名 アレルギー性皮膚炎
(食物アレルギー、アトピー性皮膚炎)
主訴(状態)

【飼い主さんからの主訴】
若齢時から痒みが治らない

【症状】
四肢端、腋窩、鼠径部、肛門周囲の痒みと紅斑

【検査内容】
皮膚検査にて感染が認められ、臨床経過とアレルゲン特異的IgE検査にてアトピー性皮膚炎と診断。

  • 主訴(状態)
  • 主訴(状態)
担当医からのコメント 急性期のアトピー性皮膚炎では食事療法、シャンプー療法、外用薬、抗菌薬やステロイド薬、免疫抑制薬、抗掻痒剤(アポキル)の内服などの基本的な治療を実施します。
症状が安定した後の慢性期は、スキンケア(消毒、シャンプー、保湿)、食事療法などを中心に行い、できる限りステロイド剤を使用しない治療を目標にします。

本症例では免疫抑制剤やシャンプー療法を行うことで、ステロイド剤の減量ができ、長期的に良好な経過が得られています。

シー・ズー 10歳
診断名 慢性外耳炎
耳垢腺腫
主訴(状態) 【飼い主さんからの主】
2年前から耳を痒がる

【症状】
右耳の重度の悪臭あり、排膿も認められた

【検査内容】
耳垢検査にて多数の球菌、桿菌と中程度のマラセチアの感染が見られ、耳鏡検査にて耳道内にポリープ様腫瘤が認められた。
レントゲン検査にて右水平耳道の石灰化が認められた。

  • 主訴(状態)
  • 主訴(状態)
  • 主訴(状態)
  • 主訴(状態)
担当医からのコメント 耳道内腫瘤に伴う外耳炎の悪化と診断。石灰化を伴う慢性外耳炎は点耳薬、耳洗浄だけでは有効な治療効果が得られることが少ないため、外耳道切除が必要なケースがあります。

本症例では内科治療で改善せず耳道腫瘤が腫大したため、総耳道切除による外科治療を行いました。現在、経過は良好で元気に生活しています。

当院の皮膚科・アレルギーの
治療に対する方針

エビデンスに基づいた皮膚科診療を実践するピジョン動物愛護病院では、飼い主様とのコミュニケーションを大切にした問診や検査診断をつねに心がけています。
さらに先端的な医療技術を積極的に導入することで、専門的な検査を行えます。
その他、アレルギー皮膚炎などの疾患については薬物療法や食事療法だけでなく、日常的なスキンケアの指導も行っています。

設備紹介

耳鏡(Welch Allyn)

耳鏡(Welch Allyn)

犬や猫の耳道を目視で詳細に評価するための検査器具です。

アニマルック3

アニマルック3

犬や猫の耳道を映像化することで、耳鏡では観察できない奥の様子まできめ細かい評価ができる装置です。映像を確認しながら、鉗子やカテーテルで耳道内の異物除去や洗浄処置を行えます。

ダーマキット

ダーマキット

皮膚糸状菌症の原因菌を簡単・迅速に鑑別するための検査キットです。

ウッド灯

ウッド灯

365nmという長波長の紫外線を病変部の皮膚に照射して、皮膚糸状菌(M.canis)のスクリーニング検査を簡単・迅速に行うため装置。
皮膚糸状菌が産生するトリプトファン代謝産物に反応し、UV光により緑色に発光します。

皮膚掻爬器具

皮膚掻爬器具

皮膚掻爬により外部寄生虫症(疥癬症、ニキビダニ症)の感染を確認するための器具。
皮膚や毛穴の内部にまで入り込んでいる寄生虫を検出します。

トップに戻る

TEL:048-261-0102わらび院

TEL:048-286-0102鳩ヶ谷院

TEL:048-259-0102川口院

TEL:03-3905-0102赤羽院

TEL:048-253-0800予防検査
センター