健康診断・予防接種

prevention

恐ろしい感染症や重篤な疾患から大切なペットを守るには、定期的な健康診断や予防接種・予防薬の投与が何より欠かせません。

当院では、様々な疾患を早期発見するための健康診断「わんにゃんドック」はもちろん、様々な感染症を予防するワクチン接種やフィラリア予防を実施しています。

わんにゃんドックで健康管理を

わんにゃんドックで健康管理を

人間ドックのペット版とも言えるのが当院の「わんにゃんドック」。通常の問診に加え、身体検査、血液検査を実施することで、ペットの健康状態を診断。病気の早期診断・早期予防に役立てます。なお、7、8歳以上のペットには胸部レントゲン検査、腹部エコー(超音波検査)をプラスした「しっかりコース」がおすすめです。

健康診断の流れ

①健康診断を受ける院へ、事前にお電話や受付で予約をお願いします。
②当日、ご来院いただき検査を行います。
③1~2週間後に結果を報告いたします。

注意事項
  • 予約制ですので、事前に医院へお問い合わせください
  • 朝食を抜いた状態で来院してください
  • 尿はなるべく新鮮なものをご持参ください
    (院内で採尿する場合は、別途1,500円がかかります)
わんにゃんドック
コースの概要
(料金は税抜き価格)
①お手軽コース:血液検査を中心とした
短時間で終わる検査です【※要予約】
検査内容
  • 身体検査
  • 血液検査
    (血球計算検査、生化学検査)
  • 尿検査
当日の注意点
  • 朝ごはんを抜いてご来院ください
  • 院内で採尿する場合は別途1,500円がかかります
推奨する受診間隔 年1~2回
検査結果のご報告 再来院時(1~2週間後)
費用
  • 6,300円(税抜)
  • ※ 院内で採尿する場合は、
    採尿料1,500円がかかります
    ※ 報告書の作成は、
    書類作成料1,000円がかかります

②しっかりコース:半日のお預かりで行う
高齢な子におすすめのコースです
【※要予約】
検査時間 時間がかかるため9時30分までに来院していただき、夕方までのお預かりとなります
検査内容
  • 身体検査
  • 血液検査
    (血球計算検査・生化学検査)
  • 尿検査
  • 胸部レントゲン検査
  • 腹部超音波検査
当日の注意点
  • 朝ごはんを抜いてご来院ください
  • 院内で採尿する場合は、
    別途1,500円がかかります
  • 9~10時にご来院していただき、
    半日お預かりします
  • 夕方16時以降にお迎えに来ていただきます
推奨する受診間隔 年2回
検査結果のご報告 再来院時(1~2週間後)
費用
  • 猫・小型犬(~8.5kg)
    11,900円(税抜)
  • 中型犬(8.6~18.8kg)
    13,900円(税抜)
  • 大型犬(18.9kg~)
    15,900円(税抜)
  • ※院内で採尿する場合は、
    採尿料1,500円がかかります
    ※報告書の作成は、
    書類作成料3,000円がかかります

予防接種・投薬で健康を
守りましょう

予防接種・投薬で健康を守りましょう

ワクチン接種や予防薬の投与は狂犬病やフィラリアなど恐ろしい感染症から大切なペットを守ります。子犬のうちは母親の初乳から病原菌に対抗するための「抗体」を受け継ぎますが、しばらくするとその抗体は徐々に失われていくもの。1歳になったら年1回の予防注射・投薬を受けましょう。また、高齢になるとペットの免疫力は後退します。一生を通じて健康を保つためにもワクチン接種・投薬を継続することをおすすめします。

混合ワクチン

混合ワクチン

近年予防医療が発達し、犬の伝染病は減少傾向にありますが、まだまだ発生があることは事実です。しかし、猫の伝染病は非常に多く今だに蔓延している状況です。
当院では成犬、成猫には1年に1度の予防接種を、子犬、子猫には1年に2~3回の予防接種をおすすめしております。犬の場合は、5種から8種の伝染病を予防する混合ワクチンを、猫の場合は、3種または5種の伝染病を予防する混合ワクチンをご用意しております。ペットの持病や健康状態を考慮し、医師と接種のタイミングや接種するワクチンの種類を決めましょう。

また稀に、ワクチンによるアレルギー反応が起こる場合があります。アレルギー反応が出てしまった場合にスムーズな対応ができるよう、ワクチンの接種は午前中に行うようおすすめしております。
ピジョン動物愛護病院では、お待たせする時間を短縮しペットのストレスを軽減するため、ワクチン接種を完全予約制で行なっております。待ち時間に緊張してしまう子は、どうぞご利用ください。

狂犬病ワクチン

狂犬病ワクチン

狂犬病予防法により、年に1度の狂犬病ワクチン接種が義務付けられています。狂犬病の感染・発症から愛犬を守るため、人への感染を防ぐためにもワクチン接種をお受けください。なお、ピジョン動物愛護病院でワクチン接種をされた場合は、当院が狂犬病予防注射済証を発行いたします。
また、注射済票の交付申請手続きも当院で代行いたします。ご希望の方はお申し付けください。なお、登録代行を希望される方は市から送付されたハガキをご持参ください。

フィラリア

フィラリア

フィラリア症は、蚊の媒介により犬の体内に寄生蠕虫(ぜんちゅう)と呼ばれる病原体が寄生して起こる感染症で、血液循環や呼吸器障害を起こす恐れのある病気です。蚊が媒介するだけあって感染を予防するのは困難ですが、感染した病原体による病害は定期的な投薬で予防できます。なお、このフィラリアは発症例こそ少ないものの、人にも感染するリスクがあります。ぜひ、当院で月1回の投薬を行いましょう。

ノミやマダニの予防

ノミやマダニの予防

ノミやマダニはペットの血を吸い痒みを与えるだけではなく、様々な病気をうつすことが分かっています。近年ではマダニにより媒介されるウイルスによって、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)を発症することが判明しています。このSFTSはペットからの人間へ感染し、死亡も報告されている疾患のため、今後非常に脅威となってくる病気です。こう言った病気を予防するためにも、ノミやマダニの予防は大切です。
当院では飲ませるタイプや皮膚につけるタイプなど、様々な種類の予防薬をご用意しておりますので、ペットに合わせたものをご提案いたします。いつでもご相談ください。

トップに戻る

TEL:048-261-0102わらび院

TEL:048-286-0102鳩ヶ谷院

TEL:048-259-0102川口院

TEL:03-3905-0102赤羽院