診療事例紹介:頸部椎間板ヘルニア

診療事例紹介:頸部椎間板ヘルニア

川口市密着で動物診療を行っているピジョン動物愛護病院の診療事例です。

昨日からの突然のふらつき、腰部の痛み、震えを主訴に来院。消炎鎮痛剤で経過をみていたが、徐々に両前後肢の麻痺も認められたため、頭蓋内及び頸部脊髄疾患を疑いMRI検査を実施。C2-C3椎間で腹側(やや左寄り)から中程度の脊髄圧迫所見が認められた(矢印)。

頚部椎間板ヘルニア(gradeⅢ)と診断し、頸部腹側減圧術を実施。 術後は痛みもなく麻痺も改善し、経過良好。

種別 チワワ×トイ・プードル
年齢 12歳
性別 避妊雌
その他コメント 術前には消炎鎮痛剤で抑えきれない程の痛みがありましたが、術後はすぐに改善し、今ではとても元気に走り回っています。

一覧に戻る

SITE MAP