診療事例紹介:シリコン義眼挿入

診療事例紹介:シリコン義眼挿入

川口市密着で動物診療を行っているピジョン動物愛護病院の診療事例です。

充血を主訴に来院されたが、検査の結果眼圧が上昇しており、緑内障と診断した

内科的な管理が難しくなったため、シリコン義眼挿入術を行った

種別 雑種犬
年齢 10歳
性別
その他コメント 緑内障は完治することが難しい疾患で、眼圧の管理には数種類の点眼が必要です。将来的には点眼でも管理できなくなることが多く、眼球摘出か義眼挿入が適応となります。当院においても最近は義眼を選択される方が多いようです。

一覧に戻る

SITE MAP