診療事例紹介:胆嚢粘液嚢腫

診療事例紹介:胆嚢粘液嚢腫

川口市密着で動物診療を行っているピジョン動物愛護病院の診療事例です。

種別 チワワ
年齢 6才
性別
その他コメント 2年前より胆嚢粘液嚢腫を確認しており、内科的に管理を行っていたが、ある日急性の嘔吐と元気食欲の消失が認められたため、超音波検査を行った。胆嚢破裂が疑われたため、手術を実施。開腹してみると、破裂した胆嚢から飛び出した内容物が一部肝臓に入り込んでおり、肝臓も同時に摘出する必要があった。大きな手術ではあったが無事に終わり、その後元気に退院した。

一覧に戻る

SITE MAP