ペットの消化器・循環器系診療について

ペットの消化器・循環器系診療について

食べたものを戻してしまう、便秘がひどい……そういった異変が見られたら、消化器や循環器に疾患があるのかもしれません。まずは動物病院で診察を受けましょう。こちらのページでは、消化器や循環器系の疾患についてご説明します。

※本ページには、手術中の写真が含まれますのでご注意ください

検査機器紹介

超音波診断装置

超音波診断装置

HI VISION Avius 日立アロカメディカル株式会社

  • 腹腔内臓器の形や大きさ、消化管の動き、腫瘤の有無などを詳細に評価
  • 痛みを伴わず、動物に負担をかけない検査
  • 腹腔内臓器や腫瘤に対する細胞診を麻酔や手術なしで安全に実施可能
  • 検査は超音波診断に習熟した獣医師が実施

内視鏡

内視鏡

動物用内視鏡システム VES 株式会社AVS

  • 小型犬や猫から大型犬まで、
    それぞれの体格に合った動物専用の内視鏡
  • 手術でお腹を開けずに、動物に負担をかけることなく
    消化管の疾患を診断可能
  • 異物の除去や栄養チューブの設置などの処置も可能
  • 検査は内視鏡診断に習熟した獣医師が実施

循環器について

消化器について

消化器疾患について

嘔吐や下痢、食欲不振といった消化器症状は、胃や小腸、大腸だけでなく、肝臓や膵臓など、様々な消化器の疾患によって引き起こされます。原因の特定と治療方針の決定のためには、丁寧な問診や身体検査のほか、血液検査、糞便検査、画像診断などを効果的に組み合わせ、総合的に判断することが求められます。

特に超音波検査や内視鏡検査は、動物に負担をかけることなく病気の診断や病態の把握ができる重要な検査と考えられますが、これらの検査は検査機器の性能や、獣医師の技術・経験が大きく影響します。当院では最新の機器を導入し、また実際に毎日数多くの超音波検査・内視鏡検査を実施しているため、的確な診療をご提供可能です。

消化器の症例

急性膵炎

急性膵炎
超音波にて腫大した膵臓を確認

ヨークシャーテリア 去勢雄(5歳)

3日前から嘔吐と食欲不振がみられたとのことで来院。血液検査では膵炎マーカーである犬特異的膵リパーゼ免疫活性(cPLI)の上昇と、炎症マーカーであるCRPの上昇がみられ、また、腹部超音波検査にて膵臓の腫大がみられたため、急性膵炎と診断して入院治療を開始。静脈点滴、制吐剤、鎮痛剤、栄養支持療法により回復し、5日後に退院した。

胃内異物

胃内異物
内視鏡にて胃体部に異物を確認

ミニチュアダックスフント 雄(2歳)

ゴム製のおもちゃを誤食。内視鏡にて胃内におもちゃを確認、内視鏡鉗子にて摘出

胆嚢粘液嚢腫

胆嚢粘液嚢腫
超音波にて腫大した胆嚢を確認

チワワ 去勢雄(7歳)

急性の嘔吐がみられ、ぐったりしてしまったとのことで来院。血液検査では肝数値の上昇と黄疸、炎症マーカーであるCRPの上昇がみられた。また、腹部超音波検査では胆嚢内に可動性のみられない胆汁の貯留がみられ、その特徴的な所見から胆嚢粘液嚢腫と診断。胆嚢摘出術を実施したところ、状態は回復した。

消化器型リンパ腫

消化器型リンパ腫
超音波検査にて胃壁の肥厚を確認

雑種猫 避妊雌(11歳)

2週間前から徐々に食欲が低下し、体重減少がみられるとのことで来院。腹部超音波検査を実施したところ、小腸壁の重度の肥厚とリンパ節の腫大がみられ、細胞診では異型性の高いリンパ球が多数認められた。消化器型リンパ腫と診断し、抗癌剤による治療を実施。

慢性腸炎(=炎症性腸疾患:IBD)

慢性腸炎

ミニチュアダックスフンド、雄、8歳

1ヶ月前から下痢と体重減少が見られ、他院で治療を受けるものの改善がみられないとのことで来院。糞便検査では異常なく、血液検査では低蛋白血症が認められた。

腹部超音波検査では明らかな異常はみられなかったが、内視鏡検査では小腸粘膜の重度の炎症が認められた。病理組織学的検査では慢性腸炎と診断され、現在ステロイド剤と食事療法により良好に維持されている。

リンパ管拡張症

リンパ管拡張症
内視鏡検査にてリンパ管の
拡張を疑う所見あり

マルチーズ 避妊雌(6歳)

1ヶ月前から下痢が見られ、数日前からお腹が張ってきたとのことで来院。身体検査で腹水の貯留がみられ、血液検査では重度の低蛋白血症がみられた。

腹部超音波検査では腹水の重度貯留と、小腸壁のリンパ管の拡張所見が認められた。内視鏡検査ではやはりリンパ管の拡張所見がみられ、病理組織学的検査にてリンパ管拡張症と診断された。現在は食事療法のみで良好に維持されている。

炎症性ポリープ

炎症性ポリープ
内視鏡検査にて多数のポリープを確認

ミニチュアダックスフンド 雄(5歳)

1週間前から血便としぶりがみられるとのことで来院。直腸検査にてポリープが触知されたため、無麻酔で内視鏡検査を実施したところ、直腸から結腸にかけて多数のポリープが認められた。

病理組織学的検査ではミニチュアダックスフンドの炎症性ポリープと診断され、ステロイドと免疫抑制剤による治療を行ったところ、ポリープは消失し、症状も改善した。

PAGETOP

 

循環器疾患について

心臓イラスト

循環器疾患とは「血液の循環をつかさどる器官の異常」であり、動物の場合、その多くが心臓の異常です。心臓の異常は生まれつきの異常である先天性疾患と、生後に発症する後天性疾患に大別され、あらゆる年齢で発症する可能性があります。

診察時の聴診によって異常な音(心雑音)に気づくケースが多いですが、確実な診断や治療方針の決定には各種検査が必要であり、なかでも心臓の超音波検査(心エコー検査)は重要です。当院では最新の超音波検査機器の導入により、年間1,000件以上の心エコー検査を行っています。より確実な診断のもとで、治療を開始しています。

循環器の症例

僧房弁閉鎖不全症

僧房弁閉鎖不全症01
超音波検査にて僧房弁に逆流を確認
僧房弁閉鎖不全症02
赤丸の部分の肺水腫所見が
消えています。

チワワ (8歳)
主訴:呼吸がはやい

聴診で心雑音と肺の湿性ラッセル音を確認。
レントゲン検査、超音波検査にて僧房弁閉鎖不全症による心原性肺水腫が疑われ、緊急治療開始。
安定化ののち、再度超音波にて心臓の精密検査を実施。僧帽弁閉鎖不全症(ACVIM分類:ステージC)と診断。退院後は定期検診を行い、内服薬にて良好に維持できている。

≪僧帽弁閉鎖不全症≫
高齢犬で多い心臓疾患の一つであり、弁の粘液腫様変性がもっとも一般的な原因です。進行性で、完治する疾患ではないため、病態の進行を抑えるための内科的治療が必要となります。病態をステージ分けし、各ステージに合わせた治療が推奨されているため、病態を正しく把握することが大切です。心エコー検査は、病態把握のためには最も適している検査です。

肥大型心筋症(大動脈血栓症)

肥大型心筋症01
心エコーにて拡張した左心房を確認
肥大型心筋症02
心筋璧は重度に肥厚している

雑種猫 (13歳)
主訴:ぐったりしている

レントゲン検査にて心陰影の拡大と胸水を確認。超音波検査にて心筋壁の肥厚と微量胸水を確認。肥大型心筋症による胸水貯留と診断。内服治療にて状態改善。
数週間後、突然の両後肢麻痺。超音波検査により、左房内および大動脈に血栓を確認。大動脈血栓症と診断。血栓溶解剤(モンテプラーゼ)を行ったところ、数日で後肢麻痺は改善。その後2年以上にわたって一般状態良好。

≪肥大型心筋症≫
肥大型心筋症は猫で最も多いタイプの心筋症で、原因はよく分かっていません。左心室の狭小化から左室流入障害を起こし、結果的にはうっ血性心不全となる病気です。また、動脈血栓症の発症リスクが高く、約50%で発症する可能性があります。動脈血栓症は急性の後肢麻痺を呈することが多く、治療を行っても死亡率は63%と高くなっています。急性発症の場合は、早い段階での血栓溶解剤が適応です。発症年齢は生後数か月~17歳と幅広く、4.8歳~7歳で特に多いと言われています。

犬糸状虫症(フィラリア症)

犬糸状虫症01
心臓内に多数のフィラリア虫体を確認
犬糸状虫症02
重症例では釣り出し法にて
虫体を摘出する

雑種犬 (3歳)
主訴:保護犬のマイクロチップ挿入

聴診にて心雑音を確認。血液検査にてフィラリア抗原強陽性。超音波検査にて、心臓(右房内)に多数のフィラリア成虫を確認。フィラリア寄生により重度の肺高血圧症を呈している。現在症状は乏しいため、長期的な治療計画のもと内服薬にてフィラリアの駆除を目指している。また、極度の運動は避けて生活している。

≪犬糸状虫症(フィラリア症)≫
犬糸状虫症は、犬糸状虫が蚊の吸血によって媒介され発症する非常に重要な病気です。蚊によって体内に侵入した犬糸状虫は約100日間で循環器系へと侵入し、最終的には心臓内で成長します。これによって慢性的に循環器系、呼吸器系が障害を受けますが、急性に激しい症状を出すこともあります(大静脈症候群)。一度感染してしまうと治療が困難であるため、確実に予防することが大切です。

心タンポナーデ

心タンポナーデ01
心臓の周囲に液体が貯留している像
心タンポナーデ02
心臓腫瘍などが原因として考えられる

ミニチュア・ダックスフンド (7歳)
主訴:突然ふらついて立てない

可視粘膜蒼白。超音波検査にて心臓の周囲に液体の貯留および心臓の虚脱を確認。心タンポナーデと診断。超音波ガイド下で心嚢膜穿刺を実施し貯留液を抜去。抜去後は虚脱の一時的改善を認める。後に心臓腫瘤を確認したため、腫瘤の検査・治療を開始した。

≪心タンポナーデ≫
心臓の外側にある心嚢膜と心臓の間に液体が多量に貯留し、心臓が本来の動きを損なっている状態を心タンポナーデと呼びます。発生の原因は様々ですが、特発性や心臓腫瘍で発症することが多いとされています。心タンポナーデの状態では、全身の血圧は著しく低下し、腹水の貯留や虚脱を起こすことも少なくありません。そのような場合には貯留液を抜く緊急処置が必要ですが、当院では精度のよい超音波機器を用いることで、より安全に処置ができています。

PAGETOP

SITE MAP